なんとな〜く しあわせ

アクセスカウンタ

zoom RSS 観なくても良かった…かな

<<   作成日時 : 2017/09/03 02:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 51 / トラックバック 0 / コメント 22

今日、急に思い立って映画「関ケ原」を観てきました。

なんというか…

この時代の歴史が分かっていない人には難しすぎるし

詳しい人には物足りない映画だと思います。

内容や人物像等々に多々気になった事はありますが

これから観る方もいらっしゃるでしょうから

ここでは触れずに置きます。

役所広司さんはさすがだったし

平岳大さんがすごく良かったけど

わざわざ映画館で観なくても良かったかなと。。。

あくまで個人の感想です。




これも観なくても良かったかな…という映画ですが

1ヶ月か2ヶ月前の深夜 WOWWOWで

「ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲」という映画が放送されました。

狂詩曲という変なタイトルが気にはなったものの

少女と犬とくれば

これはきっとハートウォーミングな映画だろうと思い録画をしておきました。

先日やっと観たのですが

ハートウォーミングどころか心が痛くてたまらなくなるストーリーでした。

簡単にあらすじを言うと

ある少女にとても可愛がられていた犬が

彼女の心無い父親によって捨てられ

街をさまよっていたところを犬狩りにあい

何とかホームレスに救われたと思ったら

これまた心無い闘犬ブローカーに売られ

相手を食い殺さなければ自分が殺される非情な闘犬に仕立てられ

そのブローカーの元を逃げたら犬狩りに捕まり

保護施設で殺処分になるところを

係員を襲って仲間の犬250匹と共に逃走し

あの心無い人達に反撃していく。

しかし警察隊の銃撃にあい一匹、また一匹と打たれ…

というようなストーリーです。

まぁ出てくる人出てくる人、少女以外はみんな

犬に対して愛情の欠片も感じられない

というか悪意しか感じらない人ばかりで

この犬が可哀想で可哀想で観てられなくて

闘犬ブローカーに売られたところで

観るのを止めました。

なので、その後のあらすじはネットで検索したものです。

そのまま録画を削除しようと思ったのですが

最後がどうしても気になって

ラストシーンとその少し前を観たのですが

この犬が少女に可愛がってもらっていた頃の心を取り戻しそうな

あくまで推測ですが

そんなラストにホッとしました。

これは映画なんですが

弱者に対して傲慢で自分勝手な心を持つ人間が

たまらなくイヤです。



なんだかこの映画が尾を引いていた頃

今度はニュースで南アフリカのライオンの事を知りました。

個人の所有者がファンスで囲った自分の土地に

飼っているライオンを放ち

外国から来た富裕層の客に狩りをさせるのだそうです。

保護区の野生動物は保護しなければいけないけど

保護区以外は何をしても良いのだとか。。。

土地の所有者はこのビジネスで南アフリカが豊かになっていると

これで失業者に職を与えていると主張していて

それもまた事実なようなのですが。。。

一部の人の楽しみのために殺される命を

なんとも思わない人間が存在することが

たまらなくイヤです。






…となんだか重た〜い話ばかりになってしまったので

<おまけ>

コギさんの見つめる先には
画像


こねこ
画像


この子のファミリーがこれ
画像


右から2番目のちょっと大きいのがお母さん。

コギさんには弱い者いじめはするな!と言っているのですが

ねこのニオイに気づくと確認せずにはいられない。

でもこのお母さんねこにシャーッと睨まれると

そそくさとその場を離れるのでした。

コギさんの1/4程度の大きさなのに母は強しです。



<もう一言>

カンヌ国際映画祭に「パルムドッグ賞」という賞があるそうです。

なんでも優秀な演技を披露した犬に贈られる賞だそうで

2014年に受賞したのがここに記した「ホワイトゴッド」に出演したワンコさん。

映画の中とは言え、辛い目にばかり遭った犬なので

クスッとさせるこの賞をもらえてなんだか私がうれしいです。













テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 51
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
面白い

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
ライオンの話で思ったのは・・・
何の映画かは記憶が非常に曖昧なのですが、ある登場人物が「私達の地球」と言ったら、「人間の地球ではない。」と、たしかこんな台詞で主人公が返したシーンがありました。
この世界の頂点に立っていると勘違いしていると、自分達で自分の首を絞めてしまうかもしれませんね。
keitaro
2017/09/03 05:17
おはようございます。
観なくても良かった…難しいですよね
作家さん脚本家さん役者さん…何で選ぶか、前宣伝が大きすぎて観たらえぇ〜〜なんて物も、確かに。
傲慢で自分勝手な心…そんな人は現代に割と多いのかも、でも本人はそれを感じてなかったり、遠回しに指摘するとキョトンとしてたり。
人間ってそんなに偉いのかなぁ〜とも、争って無くても平和じゃないって事ありますよね。。。

きょんたん
2017/09/04 06:47
おはようございます。
日本人には作れない動物物語ですね。101匹ワンチャン大行進とかETみたいなのは感動しますけど。
最近映画館は1年ぐらい行ってないんです。読書の方に夢中で。
ライオンを殺させる商売、殺す人ってどんな心の持ち主なんでしょう。むごすぎます。
nibari1498
2017/09/04 08:09
言葉を話せないものが
主役・・・な

ただいま アシモフのアイロボット
読みだして
なんとなく 被るなあと
感じる 月曜の朝らしい・・・
  Σ( ̄。 ̄ノ)ノ
└|∵|┐高忠┌|∵|┘
2017/09/04 09:36
keitaroさん

「人間の地球ではない。」
全くその通りだと思います。この地球上に生きるすべての地球。生きるために命を奪い合うのは自然の摂理だとしても、楽しみやストレスのはけ口という理由ではどんな命も奪ってはいけないと思います。
人間は力が弱い代わりに知恵がある。だけどその知恵をこんな勘違いで使うのは何とも悲しい事ですね。
うずら
2017/09/04 17:31
きょんたんさん

映画を観た後でネットでレビューを読んだら結構同じ意見が多くて、出かける前に読めばよかったと後悔しました(^^ゞ と言ってもいつも同じ意見になるとも限らないので仕方が無いんですけどねぇ。
動物だけでなく自分の子供冴え虐待する人がいる時代なんですよね。どんどん便利になって楽な生活をしていくと、人間らしい情が無くなって傲慢で自分勝手になっていくのでしょうか? 
人間だけ特別だなどと考えているのはおかしいと思うのですが。。。
うずら
2017/09/04 17:31
nibari1498 さん

ハンガリーの映画だったと思います。映画の始まりがCGではなく250匹の犬たちがブタペストの街中を駆けて行くシーンで、その姿には感動するのですが… 人間の身勝手さと有り得るかもしれない未来を突き付けられる映画でした。
ライオン狩りのために南アフリカに行く富裕層の中には日本人もいるそうです。それが余計にショックでした。この商売の経営者も客も人の心を持っているとは思えません。
うずら
2017/09/04 17:32
└|∵|┐高忠┌|∵|┘ さん

アシモフのアイロボット?
小説ですか? 
なんとなく被ると言う事は、ロボットが人間の身勝手さで恐ろしい事をして人間社会がめちゃめちゃになっていく…こんな話でしょうか。
映画の犬たちにしろ、このライオンたちにしろ、邪悪な人間よりずっとずっと綺麗な心を持っているのに…
なんだか暗い週明けの朝にしてしまったらゴメンナサイ。。。
うずら
2017/09/04 17:32
ホワイト・ゴッホの映画で何が言いたかったのでしょうか?
映画でも、本でも最後がほっとするのがいいですが、途中あまりに残酷だと見るのがつらいですよね。
映画やライオンの話のような傲慢で身勝手な人は論外ですが、案外身近にもいたりして・・・
私も知らない間にひょっとして・・・と振り返ってしまいました。
すずりん♪
2017/09/04 23:02
好きな役者さんがでているとつい観たくて映画館に行くんですけどDVDでてからでよかったかなぁ〜って思うこともたびたびありますね〜。息子曰く「日本の映画はDVD出てから。洋画とアニメは映画館」だそうです。理由は洋画は背景も壮大で迫力あるからだとか(^^;) 
それにしてもライオンの話のように狩る方もですがそれをわざわざ見に行くという人の神経がわかりませんね〜。
アモママ
2017/09/04 23:32
映画も観たい物を観て
感動できるといいのですが。
余りTVもDVDも観ないので
色々なお話があるのものですね
ジュン
2017/09/05 10:00
ライオン狩りのニュース
先日テレビで見ました

ライオンを殺すために育てるって
ちょっと我々の感覚、文化じゃ考えられません

らんもコギさんも
ササッと抱き上げぎぎゅーっと抱きしめたくなります

猛獣とはいえ対話すらさえも出来ない
相手に何をしでかすんだろ、まったく。
らん太郎。
2017/09/06 01:01
犬、猫が出てくる映画・ドラマはやっぱり気になります。録画している中にまだ見ていないというか見られないのが収容された動物の真実みたいなのがあります。
消せないし、見られない・・・どうしようという感じです。
ライオン、私もすごく腹がたちます、何が楽しいのでしょう。銃がなければ間違いなく一番非力な人間なのに
力があると錯覚しているんでしょうね。
コギさんの立ち姿・・・
コマダム
2017/09/06 21:10
すずりん♪さん

ホワイトゴッドは他の動物に対してエゴイスティックな人間の未来に警鐘を鳴らしているのだと思います。ツライ場面が多いですが、この映画を観て他の動物の気持ちを考える人が増えれば成功なのではないでしょうか。。。
>案外身近にも…
いますねぇ。ごくごく些細なことだと話を全部自分に持って行ってしまう人とか(笑)
ひょっとして自分も…と考えられう人は傲慢でも自分勝手でもないと思いますよ〜(#^^#)
うずら
2017/09/07 02:01
アモママさん

安くても千円以上払って観るからか、満足度のハードル高いのかもしれません(^^ゞ
息子さんの言う通り日本映画はなかなか洋画のような壮大な背景と迫力は足りないかもしれませんね。今回の「関ケ原」もそれなりの迫力でしたが何だか画面がゴチャゴチャして壮大という感じでは無かったかも。。。
ライオンの話は同じ人間と思いたくないほど嫌悪を感じています。こういう人達は人間同士でも人の痛みに鈍感なんじゃないかと思ってしまいます。
うずら
2017/09/07 02:01
ジュンさん

前評判が良くても自分の感性?感覚?と合わないこともあるから仕方が無いんですけど(^^ゞ
一体どれくらいの映画やドラマが作られているんでしょうね。ホワイトゴッドのような社会派の映画も必要だと思いますが、ちょっと辛過ぎました(/_;)
うずら
2017/09/07 02:01
らん太郎。さん

「またぎ」は熊や鹿などを狩るけど、身を清めて山に入り、痛みを感じないように仕留めて、命を頂くことを生き物にも山の神様にも感謝する… そんな日本人には娯楽のハンティングは理解できないのかもしれませんね。
それにしてもライオンの話は囲いの中だし単なる虐殺にしか思えません。
弱い者に手を出すなって親から教わらないんでしょうかねぇ。。。
ホワイトゴッドの映画の途中、あまりに辛くてコギをムギューと抱きしめちゃいました(^^ゞ
うずら
2017/09/07 02:02
コマダムさん

つらい現実を伝える映像も広く人々に知らせ、そういう事態を無くすためには必要だと思いますが なかなか直視は出来ないものです。。。
ライオン狩りには腹が立ちますよね! しかも人に育てられているから人を怖がらないそうなんです。それを… 
一番非力なくせに知恵があるから一番偉いと思っているなら、その知恵を使って素手でライオンと戦え!って思います。
最後にコギの立ち姿でなごんでいただけたら幸いです(^^)
うずら
2017/09/07 02:02
おはようございます。
歴史のドラマや映画は、最近のものは、作り物すぎてリアル感がないような気がします。
大河ドラマは、泣いたり叫んだり、昔の日本人ってこんなに感情をあらわにしたかな?みたいな感じです、入り込めません。

犬の話
サイボーグ009の漫画に似たようなお話がありました。頭のいい犬が利用されて最後には、最後は人間に撃たれてしまう悲しいお話でした。漫画ながら子供心に辛かったです。
後は、椋鳩十の「消えた野犬」がその類で、泣いた記憶があります。飼い主が泣く泣く人間の考えに翻弄されて手放すところは娘も大泣きしてました。人間てきっと大きな闇があるんでしょうね。でも、それを悲しいと思う罪悪感も持ち合わせている・・。だから、楽しくもあり辛くもあり・・。
この年になると辛いのはいやです。
コギさんは、辛い目に遭いませんように・・・。
南天
2017/09/07 08:51
南天さん

時代と共に観客や視聴者の観たいモノが変わるので、時代に沿った作り方をしているでしょうが、それが自分のイメージと違うと違和感がありますね。歴史上の人物は特に作者のイメージと自分のが違うと観る気も失せます。
サイボーグ009の話にしろ椋鳩十さんの小説にしろ子供に怖く悲しい思いをさせる話ですが、それが「こんな事をしてはいけない」「こんな大人になってはいけない」と心に刻まれるなら子供にも見せるべきなのかもしれません。
人間以外の生き物はいじめも虐待もしないし、欲や楽しみのために命を奪う事も無いじゃないですか。どうして人間はそんな深い闇を背負ってしまったんでしょうねぇ。。。
うずら
2017/09/08 01:50
『関ヶ原』はそんな感じでしたか。
内容はともかく、岡田君、役所さんなど、
演技を見たい役者さんを揃えている点は
面白そうだと思いました。
弱者に対して優しくない人間が
やたら威張ってるのは、現実にせよ、
フィクションにせよ、私も大嫌いです。

yasuhiko
2017/09/08 15:55
yasuhikoさん

映画『関ケ原』の原作は司馬遼太郎さんなので面白くないはずはないのですが、詰め込み感満載。それが一部の役者さんには損をしているように感じられました。
人間はこの地球上で一番偉いと勘違いするのは仕方がないとしても、それなら尚更強さを誇示するのでは無く優しするべきではないかと思うのですが。。。
人間の知恵の中には差別やら傲慢やら無くても良いモノが多くありますね。(◞‸◟)

うずら
2017/09/09 07:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
観なくても良かった…かな なんとな〜く しあわせ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる