兄妹

今週はじめ

実家の母の具合が悪そうだと

二世帯住宅で同居中の兄嫁が病院に連れて行ってくれたところ

色々な数値が悪くて検査入院となりました。

数日後、兄嫁と検査結果を聞きに行ったところ

こちらに腫瘍、あちらに腫瘍、そちらは肉腫、と

半年前の検査では無かったものが次々と現れていて

手術をしても取りきるのは大変だし

そもそも90を超えた母に手術に耐えられる体力はないだろう。。。

なので今後は緩和治療をすることにします、と。

そして余命は半年とのことでした。

画像


これを聞いた時、私は自分でも驚くほど冷静で

来るべき時が来たとちょっとホッとしたりもしました。

しかし同居して30年の間、何度も何度も大きな衝突をして

母にはほとほと疲れ切ったと言っている兄嫁が

目を潤ませるほどショックを受けていました。

そして兄も。。。

その晩、兄嫁から母の検査結果を聞いた兄と電話で話していたら

徐々に言葉に詰まり出し、ボロボロ… ボロボロ…

覚悟はしてたけど…

こんな日が来るなんて…

男にとって母親は特別とは聞くけれど

妹相手にそんなにボロボロ泣かれても。。。

順番なんだから仕方がないでしょ!

子供に見送ってもらえるのが親の幸せなんだよ!

兄と妹って母親に対する思いがこんなに違うものなのかねぇと思いつつ

60過ぎの兄を元気に励ます妹。

そのやりとりを横で聞いていた夫曰く

「うずらが特別冷たいんじゃないの(笑)」って。。。

確かに医者の話を聞いてから今まで一滴の涙も出て来ない。

動物や幼い子供の話だとフィクションでもすぐに泣いてしまうのに…



お母様を亡くされた男性陣、いかがでした?

やはり母親は特別、父親のときより泣きましたた?

お母様を亡くされた女性陣もやはり泣きましたよね。。。








<おまけ>

春バラの季節ももう終わり。

最後のバタースコッチを小さな一輪挿しに

画像


また秋に綺麗に咲いてもらいましょう。


<おまけ2>

シアワセの鳴門巻き
画像








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 45

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2019年06月14日 22:39
 十数年前になりますが、父が亡くなる時、病院から何度も重篤の知らせが有り、車で30分も掛けてその都度赴きました。なかなか大変でしたよ。実際に亡くなった時よりも、亡くなった後の処理をしていた時に、初めて涙が流れました。まぁそんなもんです。
 親が亡くなるという事は、それだけで大変な事なので、兎に角、忙しくなります。覚悟しておいた方が良いかもしれません。
 ハートマークのナルトって有るんですね。コギさんも何処か神妙ですね。
2019年06月15日 09:02
おはようございます。
実家の両親は2人とも 老衰でした。
こんなに元気で いつ逝くんだろうと
思ったりもしましたが 逝く時はあっけなくて
こんなもんなんだな と思いました。
兄はほとんど涙を流しませんでしたが
私は母の時は 旅立ちの支度をしてあげていた時
冷たい手を触ったら 急に涙が出ました。
妹はしゃくりあげて泣いてました。
かなり心配かけましたから その分
こみ上げたんだと思います。
2019年06月15日 09:10
この1年あまりの間に両親を続けて亡くしましたが、私はどちらの時も泣きませんでした。一方、同居していた姉は折に触れて泣いていました。やっぱり、子どもの時からその時までの親子関係を反映するんじゃないでしょうか。兄弟姉妹でも親との関係は違いますよね。うずらさんのお兄様はお母さまとの良い思い出がうずらさんより多いのではないでしょうか。一般的に、昔の人は男の子のほうを大事にするし。
2019年06月15日 11:27
お母様は半年の寿命とはお気の毒です。
前の検査から半年の間に、
あっちこっちに腫瘍が出来ていたとはビックリ。
長生きだったとはいえ、
いざ余命を告げられると悲しいですね。
兄嫁さんは義母と争いが多かったそうですが、
涙を流して泣かれるとはいい嫁ですね。
2019年06月15日 11:34
涙・・・
一緒に住んでいますと
いいことも悪いこともあります
一緒に住んでいる人にしかわからない
と私は思っています
お時間が少ないです
いっぱい思い出残してください
2019年06月15日 16:45
陶の涙は 少なくとも私は見ていません。
義父母とも十分な年齢のこともあったからでしょうが 淡々と段取りをしていた様に見えました。
でも 祭壇に飾る写真をみたら 一番義父母らしさが見えたものでした。
義母も母も最期を見守ることもできませんでしたから どうぞ その日はそばにいられますようにと思います。
2019年06月15日 22:53
両親の亡くなる前後、色々と
思い出す事はありますが、
私は泣きませんでした。これまで
親戚縁者、知り合い、職場の先輩や
同僚など、数多くの方の葬儀に
出席しましたが、厳粛な思いに浸ると、
涙は乾いてしまうもののようです。
少なくとも、私の場合には…。
これから、何かと大変でしょうが、
どうかお気持ちを強く持っていて下さい。
2019年06月16日 07:57
母が入院当時は50歳と仕事に追われ、妻に任せっきりでした。
泣きはしませんでしたが、一晩中棺の近くで孫と想い出話をしていました。私の場合、ちょっと縁が薄かったような…
2019年06月16日 13:14
うずらさんやお兄様とお義姉様の、それぞれのお気持ち分かる様な気がします。
お兄様達は同居されて一緒に過ごした年月の長さもあるのかなぁ~。
良かった事は勿論、大変だった事も含めてお母様との思い出はやはり一緒に暮らした人の方が多いのではないでしょうか。
2019年06月16日 23:56
お義姉さまは、今までの苦労とともにある時間の思い出が複雑な感情になるんでしょうね。
お兄様も、当たり前の日常が、終わってしまうだろうことのストレスみたいなのもあるのかもしれません。それが悲しさだったりするんでしょうか?
私は母の時はどうでしょう?疲れきってほっとするのか?はたまたよく面倒見たやった感で、感極まるのか?はたまた、寂しくて悲しいのか?
ちなみに父の時は、通夜とお葬式の時はあんまりでしたが、火葬場でこみ上げました。
最近は叔父のお葬式で泣きました。いた人がいなくなるって寂しいもんですね。
2019年06月17日 01:37
同居、介護と次男だけど立場は跡取り
自分は今年の1月に母を亡くしましたけど
正直随所に引きずってます。
もういるわけないのに、まだ認めてないというか…

兄は同じ市内にいて日頃から行ったり来たりはあったけど
母の死に対してはすごくドライだったなぁ
今でも何ごともなかったように暮らしてるみたいだし

母にしてみればどっちがまるでどっちが×というのはなかったんだろうけど両親の親戚との行ったり来たりで社交的なのは自分の方で、叔父叔母達に言わせれば自分の方が可愛がられたみたいな、そんな雰囲気は確かにあったかも
そんな背景も関係あるのかなァ。

これから本格的に相続の話し合いが始まろうとしています。
うずら
2019年06月17日 11:11
藍上雄さん

住まいが離れていると通うのが大変ですよね。
私も電車・バスと何度か乗り継いで早くても片道1時間半以上掛かるので結構大変です。亡くなっても疲れが貯まって悲しみよりホッとするかも。そんなもんですよね。。。
そうですよね。一番身近で一番悲しい人が一番忙しい(笑) 死に向きある事以外の覚悟も必要ですね。
ハートの鳴門巻き、初めて見ました。私だけ?と喜んだのですが同じ物を頼んだ人みんなに乗ってました(^^ゞ
うずら
2019年06月17日 11:11
ちいさん

>逝く時はあっけなくて
うちの母も医者から余命半年と言われたのに、入院から1週間でいつどうなるか分からなくなってきました。
もしかしたらあっけなく逝くかもしれません。。。
兄弟それぞれ親との関係や思いが違うから涙の出方も違うんですね。でもうちの兄はちょっとマザコン気味かも(笑) 
>冷たい手を触ったら、急に涙が…
あの冷たい手って独特ですよね。私もその時には泣けるのかな。。。。
うずら
2019年06月17日 11:12
sironさん

1年あまりの間にとは大変でしたね。ご両親としては一緒の頃に旅立てて良かったのかもしれませんが。
>子供ときからその時までの親子関係を反映する…
>兄弟姉妹でも親との関係は違う…
>昔の人は男の子のほうを大事にする…
どれもこれも強くうなずく事ばかりです。少なくとも私と兄では見ている母が違う気がするし、可愛がり方も兄と私では違うのを感じます。男女の差というよりそういう諸々の差なんですね。
うずら
2019年06月17日 11:12
カメさんさん

医者もビックリするほど進行が早いし、入院して1週間で驚くほど弱って来ているので半年はとても持ちそうにありません。
あちこちの腫瘍のせいで痛みや苦しみが出る前に逝けるならその方が良いのではないか…と思います。
母との諍いでイヤな思いも沢山したでしょうが、涙してくれる兄嫁にホント感謝です。
うずら
2019年06月17日 11:13
ジュンさん

母の話だけを信じると兄夫婦との同居が良かったのか分かりかねる所ですが、本当は私の知らない良かった事も沢山あるのでしょう。兄と兄嫁の涙がその証なのかなと思います。
時間がますます少なくなっているようで…
でも思い残す事が無いようにしないといけませんね。
うずら
2019年06月17日 11:13
コマダムさん

うちの兄、母が百まで生きると真剣に思っていたそうなので、まだ心に何の準備も出来ていなかったようです。80超えてから陶様のように少しずつ段取りをしていればあんなに動揺しなかったでしょうに。。。
一番母らしい写真ってどういう写真だろうと考えてしまいました。意外と難しそうですね。
別れの日はいつ来るか分からなですものね。後悔の無いようにしようと思ってます。
うずら
2019年06月17日 11:14
yasuhikoさん

亡くなるまでの介護や亡くなってからの葬式などなど、身内はやる事が山のようにあるあるから泣いている暇も無かったのかもしれませんね。
>厳粛な思いに浸かると涙は乾いてしまう
意識したことはありませんでしたがそういう事もあると思いました。
私は始めからですが(笑)兄も今は覚悟ができています。別れは早まりそうですがしっかり見届けようと思います。
うずら
2019年06月17日 11:14
nibari1498さん

ひと昔前は夫は仕事、家庭の事は全部妻、というのが当たり前で疑問に思う人もいませんでしたものね。
同じ兄弟でも親との縁や関係は様々ですが、一晩中棺の近くで思い出話で故人を偲ばれて亡くなられた方も喜んでいらっしゃると思います。
2019年06月17日 15:10
近所で ボチボチ健在な我が両親
友達が早く来いと呼んでいるから
そろそろだからなと
軽口叩いている父
いつもゴメンナサイねぇ 
と我妻に 頭を下げっぱなしな母
難病かつ痴呆症が明らかに進んでいる
同居中の義母
立て続けて娘二人が亡くなり
ひとりぼっちになった
こちらも五月雨気味な施設に暮らす叔母
多分、義母と叔母の喪主はわたし・・・
遠からず な ことを想像すると
うずらさんの 覚悟を 
感じました。

なんか へんなコメントで
ごめんなさい
2019年06月18日 22:33
義母と母二人とも痴呆症ですが、困りごとはそれぞれ違います。母は少しづつ子供に帰っているようで、可愛いくなっていきます。
反対に義母は理屈が分からないのに、強くて強くて、周りをを巻き込んでだ困りごとが次から次におこります。同居していないのだからまだましでしょなんて言われると、余計追いつめられる感じがして。
夫も落ち込むことが多くて、疲れ果てた夫を見ていると、義母が亡くなったらむしろほっとするのではなんて思ってしまいます。
実際その時になればどうなのでしょう?
私はうずらさんの義姉様のように泣けない気がしています。
母の時はどうかなぁ?
うずらさんの大変な時にこんなコメントですみません。
悔いのないように、そしてお疲れが出ませんように。
うずら
2019年06月19日 14:48
イエティ1号さん

兄は母と数年しか離れて暮らしていないのに対して、私は数年会わずにいた期間が2度3度あるので、思い出の数を考えたら圧倒的に兄も方が多いです。
イエティ1号さんのおっしゃる通り、それを考えれば兄の方が思い入れが強いのでしょうね。
それに娘の居ない私には分かりませんが、母の愛情?愛情の掛け方?も息子と娘とは違う気がします。
うずら
2019年06月19日 14:49
南天さん

母の気性を考えると同居する義姉は大変だったと思います。でも涙してくれる… 考えてみれば私より長い時間を母と過ごしているのc、兄に至っては生まれてからほとんど時間を母と暮らしているのだから、血の繋がりより時間なのかなと思ったりします。
>いた人がいなくなるって寂しいもんですね。
そうですよね。まだ母の事では全く泣けない私ですが、もう母から電話が掛かって来ないんだなと思うとなんだか寂しいです。あんなに面倒だったのに(笑)
母との別れの時、どういう感情になるのか分かりませんが、お互い心残りの無いようにしましょうね。
うずら
2019年06月19日 14:55
らん太郎。さん

あれからまだ半年なんですね。
まだ引きずっているのは親子の絆が強かったからでしょう。笑顔でたくさん思い出すのは故人にも嬉しいことだと思います。
うちの兄もですが同居している跡取りは何気ない時間も一緒に過ごしているし、責任もあったり色々な思いが他の兄弟より強いのですね。私は数年合わない期間もあったりなので少し客観的に見ているのかもしれません。 親にしたらどちらも可愛くても、気が合う合わないとかあるのでしょうね。子供も…ですものね。そう考えると親に対する思いもどれが正解とか無いのかなと思いました。
ドラマと違ってお金持ちは相続で揉めないらしいですよ。
うずら
2019年06月19日 14:55
└|∵|┐高忠┌|∵|┘ さん

覚悟というのかなぁ。。。
これは順番ですからねぇ。
元気に暮らせるならイイけど、治る見込みが無くこれから体が動かなくなって痛みも出てくる…なんて言われると、90過ぎの母がツラい思いをする前にと思ってしまいます。
うちの母もつい最近まで「そろそろ」なんて軽口をたたいてました。老人だから何かあっても進行が遅いだろうと思っていましたが、急にこんな風になることもあるので気を付けてくださいね。
うずら
2019年06月19日 14:56
すずりん♪さん

痴呆症と言っても症状は様々ですね。
病気のせいで本人のせいではないと分かっていても、我が強く困らされてばかりいると看病するモチベーションが下がってしまいますね。期間は短かったけどうちの父がそうでした。その時私も看病する母の愚痴を聞くぐらいしか出来なくて… 亡くなった時は家族みんな悲しみよりホッとしたのが先でした。
今回の母は進行が思いのほか早くていつどうなるか分かりませんが、見守るだけ見守って静かに旅立ってくれればと思っています。
2019年06月21日 12:11
こんにちは
私は多分皆さんより一世代下なので、祖父母ですね。。。
旦那はおじいちゃんおばあちゃんが大好きで、結婚して間がない頃なので24か25か、おじいちゃんが亡くなったとき私の肩で少し泣いてました。
親にはぶっきらぼうな人ですが、実際そんな瞬間がきたらどうなんでしょうね。
私の入院中に亡くなった私の母がたの祖父が同居してたのですが空気を読めない人で母もよく怒ってました(笑)でもいざ亡くなると寂しそうでしたね。
2019年06月25日 19:01
母親はうずらさんのとこと同じように、病院で検査を受けてもどこも悪くないと自慢げな母だったのですが、風邪をこじらせて無理をして手込んだのをきっかけにして体調を崩し、最終的には老衰で息を引き取りました。高校卒業したからずっと離れて生活してきたこともあり、未だに実感が湧きません。看取ることはできませんでしたがとても健やかな顔をしていたので、悲しんではいけないのかと受け止め、涙脆い自分でしたが涙をながすことはありませんでした。余命が半年になるのか神のみぞ知るところですが、時間の許す限り寄り添ってあげて下さい
うずら
2019年06月26日 12:05
ちぃさん

お返事が遅くなってごめんなさい。
祖父母は親ほど厳しくないから楽しい良い思い出が多いですよね。特に祖父母から見て最初の孫は可愛がられ方が半端ないから、孫も祖父母が大好きな場合が多いような…(^^)
うちの兄も普段は親にとてもぶっきらぼうで母がいつもぼやいていたんですよ。人の心は表面だけでは分からないものです(笑)
赤の他人で、しかも立場が対等ではない人と一緒に暮らすんですものね。お母様も大変な事が沢山あったのでしょうが、長い時間を共に過ごしていると愛情(というのかな?)が生まれるんですねぇ。
うずら
2019年06月26日 12:06
smoksさん

子供は親が元気で暮らしているといつまでも元気なような気がしてしまいますが、
高齢であればあるほど一度何かあると回復は難しいものですね。
>未だに実感が湧きません。。。
そうですよね。離れて暮らしていると日々の暮らしに親は居ないんですよねぇ。。。
>悲しんではいけないのかと受け止め~涙をながすことはありませんでした。
お母様は空の上から悲しくても涙をこらえる息子を見て、立派になったと誇りに思っていたのではないかと思います。
私たち兄妹も涙をこらえて送れたらと思います。
2019年07月10日 09:09
お元気ですか。
更新が無いので心配してます。
2019年07月10日 23:23
カメさんと同じです。
こういう時 気持ち玉があれば と思います。
うずら
2019年07月11日 23:55
カメさんさん


ご心配おかけしました。
私は元気なのですが、母の事など色々あって更新できずにいました。
やっと今、更新しようと思ったらブログがすっかり変わっていて\(◎o◎)/!
こんなに変わっているとすぐの更新は無理かも…とちょっと弱気になったりして(笑)
早く更新して訪問もしたいと思っています!
うずら
2019年07月11日 23:59
コマダムさん


ご心配おかけしました。
私は元気ですが母の事など色々あって更新できませんでした。
ブログ、かなり変わったんですね。変わることをすっかり忘れていてビックリしています。
これではすぐに更新できないかもしれませんが、頑張って早めに更新して訪問させてもらいますね。