うずら、哲学をする?

前記事の更新からほぼ1か月。

心配しているとコメントをくださったカメさんさん、コマダムさん、はじめ

皆様には訪問も更新もせずにいて申し訳ありませんでした。


この1か月の間

半年と余命宣告を受けた母の病院へ週3回ほど通っています。

それが微妙に遠い。

公共交通機関を使ってドアツードアの片道にかかる時間は

早くて1時間半、乗り継ぎが悪いと2時間。

自家用車だと渋滞無しで高速道路を使って1時間10分ほどで行けますが

日中に渋滞無しなど有り得ない話で平均すると2時間弱くらい。

先日は首都高で事故渋滞に巻き込まれ

3キロ進むのに40分、家に帰りつくまでに3時間近く掛かってしまいました。



そして母の病状はというと。。。

入院翌日に見舞った時は普通に会話が出来ていたし

ただ右手が握り難いと言う程度でした。

それならと握れなくてもスプーンが使えるこんな物を作ってみました。

IMG_7150.JPG

マジックテープで手に固定するのですが

IMG_7152.JPG

これを持って行った5日後には右手が全く動かなくなり

何の役にも立ちませんでした。

そして入院10日後くらいにはきちんと喋れず話の半分以上わからなくなりました。

さらに1週間後には母が出る声は「あ~」とか「う~」のみ。

動く左手で会話ができるかと思い

50on.jpg

こういう表を手づくリして持って行ったのですが

その時はもう指さす力が無いのか、使い方が分からないのか役に立たず。。。

IMG_7188.JPG

役に立たないと言えば

私のキルトが好きだった母にと急に思い立って作ったこのキルト。

小さすぎて何の役にも立ちません。。。



もう緩和ケアだけなので先週末から病院の裏にあるサ高住に移ったのですが

今では体も動かせずほぼ寝たきり状態で

脱水予防のため終始点滴をしています。

たまに目が合うと笑顔になったりしますが目はいつも虚ろ

声もほとんど出ません。

そろそろ手足からの点滴は難しくなり

お腹に針を刺して点滴をするか点滴を止めてしまうか

判断を迫られることになりそうです。

と言ってもずっと一緒に暮らしてきた兄の満足が行くように決めてもらうつもりです。



で、この1か月哲学しています。

母が一番なりたくなかった姿になってまで生きている生とは何?

死とは何?

この世に神仏はいるのか?

いるなら母は救われているのか?

この先点滴を続けることが本当に母の為なのか?

それは人の生を人がコントロールする事なのでは?

などなどなど。。。




こんな事を考えては頭がまとまらず

病院通いで疲れも貯まって更新もできずにいたというのが正直なところでして

今しばらく頭のモヤモヤと体のクタクタが続きそうなので

コメントを頂いてもすぐにお返事できないかもしれません。

また、訪問も来週以降になりそうなのです。

申し訳ありませんが見捨てないでください



<おまけ>

コギさんも元気です!

IMG_7208.JPG








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた 驚いた 驚いた

この記事へのコメント

2019年07月12日 20:55
多分お母様のことで忙しくされていると思ってはいました。

親と離れて暮らしている人と同居している人では なんといいますか、割り切り方が違うと思うんですね。
年齢は十分で先に行くことは自然なことで ある意味幸せなことだと。
頭では納得しても 当たり前にそばにいつもいるとなるとそうはなかなかいかないんでしょうね。

父は 私たちが訪問しても寝ていて起きなかったり やけに滑舌よく話したりと 変化が激しいですが 妹とは 痛みを緩和することだけはしたいねと 言っています。
御兄様の気持ちが納得するように見守ることしかできないでしょうね。

コギさん癒しパワー全開でそばにいてあげてくださいね。
すずりん♪
2019年07月12日 21:57
生と何??死とは何?
人の寿命とは?
1歳で終えるのも、100歳で終えるのも宇宙の歴史からすると点に過ぎない?
人生?
私は何故生きてる?
いろんな事が頭に浮かんで、頭がもやもや。
私も悩んだので、哲学する状態分かる気がします。

いろいろありましたが、
今も母の認知が目に見えて進み、義母は思いもよらぬ症状の認知症。
私は今、どうすればいいのだろう。
身体も頭も疲れてブログに向かう元気が出ない。

そんな時は思い切って休みましょう!ブログは自分のペースで。
ってこれ皆さんに言っていただいた言葉です。

けっしてうずらさんを見捨てたりしませんよ~

今はお母さまの事悔いのないようにお過ごしください。
そしてくれぐれも、ご自分のことも大事にしてくださいね。

コギさんには癒されますね。
アモママ
2019年07月12日 23:30
往復4時間、週3回。そしてお母様の症状をお聞きしているとうずらさん大丈夫かな?って思ってしまいます。
うずらさんの哲学・・・これは永遠の課題ですね。
私も生前の父が、体の色んなところに穴をあけてチュウブが増えていくたびに、話ができればどういう気持ちなのか、どうしてほしいのか聞きたいと思ったり、でも虚ろな様子の時は痛みを感じなくてこの方がいいのか?と思ったり。
とても家族思いで子煩悩な父だったので、神仏はこの世にいるのか?ってその時は考えました。うずらさんの少しでも役にたてればと色々されていることはきっと後でうずらさん自身にかえってくると思います。あまり無理をせずにお体ご自愛下さい。
2019年07月12日 23:53
う~ん、難しい哲学の課題ですね。
命の問題に正解などあり得ないですし。
私の両親はとっくに亡くなっているので、
この課題は、私たち夫婦の問題になりそうです。
病院への行き帰りに時間がかかるとの事、
どうぞ、疲れを溜めないよう、お気を付け下さい。
2019年07月13日 07:39
お母様ね容態が思わしくないそうで、
お気の毒ですね。
私の義母も死ぬのは怖いと普段から言っていましたが、
体力が無くなり思考力が衰えると、
何も言わなくなり自然の形で亡くなりましたね。
死が怖いと思うのは、まだ元気な証です。
nibari1498
2019年07月13日 08:49
コメントを頂く方のご家庭にも新聞、雑誌で読むことが現実に起きてるんですね。

ご母堂様のご意志とはかかわりなく、ここまで来たらお兄様やお医者様と話し合われる意外になさそうですね。

後々のことを考えて、こうなったらこうしてほしいと、私は終活ノートを書いていますが・・・それにしてもご母堂様の病状進行が速いですね。身につまされます。
2019年07月13日 09:49
こんにちは
nibari1498さんのブログを経由して訪問させていただきました
お母様大変ですね
実は私の父も先日脳梗塞で入院しました
だんだん反応が少なくなり
返事を少しするくらいになってしまいました
ですからお母様と私の父の姿がダブってしまっています
私の父は91歳です
人生の終わりを意識しつつ
毎日の病院が良いを続けています
もしよろしかったら
今後もおつきあいをお願いしますね
お互いがんばりましょう!
└|∵|┐高忠┌|∵|┘
2019年07月13日 10:25
いちぶんを拝見していて
下まぶたが満ちてきました
上を向いてこらえながら
思います
なぜ!そうなるのだろうと・・・

ひとの 
ゆきかたの指針として
ある哲学と宗教
その最大の違いは
神がかりというように
奇跡を認めるか否か
哲学に奇跡というような
論理を超えた概念はない
されど
どちらにも 愛はある
・・と思う
  
会ったことも
話したこともない
画面の向こうにいる
わたしですら
あなたの母上を案じて 
自然と満ちるものがある
そして
あなたを見つめて
無心な愛のまなざしを向ける
コギさんを想像する

哲学の 哲 は
ものごろをばらばらにして
こまかくして そこから
道を明らかにするという
成り立ち

どんな 
些細なことでも
出来ること
思うこと
体と時間の許す限り
なさってください

そして ご自愛も
南天
2019年07月13日 22:48
お疲れ様です。
お母様のところに週三回通うって親孝行です。
しかもいろいろお母様のためにいろいろ工夫されていて・・。
もう余命がわかっているお母様ですが、自分ではどうしようもなくなって、それを受け入れるしかなくなってしまいますね。
私の母親は、今の自分を受け入れられないみたいです。
これから、弱るお母様を見ていくのは、辛いでしょうが、うずらさんなりにできることをして差し上げてあげれば、それが一番ではないでしょうか?
なにを持って満足かは、その人にしかわからないとおもいます。
どうぞ体に気を付けて、お過ごしくださいね。
らん太郎。
2019年07月14日 08:44
半年前の
点滴が入らなくなった母を思い出しました。

いつも気にかけてますってば。
イエティ1号
2019年07月14日 10:20
本当に今が一番うずらさんにとって辛い、大変な時なのですね。
十数年前に順番に父母を見送った私ですが、今でもあの時ああしていれば、こうしていれば、と思う事があります。
これはどんなに精一杯の出来る事をしていても、出て来る思いです。
そう思いつつ、あの時は最善の出来る事を精一杯やったのだ、と思う様にしています。
うずらさん達もどういう結果であっても、それはお母様に取って最善の方法になる、と思います。
シナモン
2019年07月14日 20:20
こんばんは
大事なお母様への思いは同じでも
ご兄弟でも意見が違う場合は難しいですね。
心身ともにお疲れのことと思います。
うずらさんご自身の体調も
気を付けてくださいね。
2019年07月15日 16:48
切ないですね
余命処置しないのサイン
フッと思いだしました
ご無理なさらないように
ご自愛ください
うずら
2019年07月16日 00:26
コマダムさん

ご心配いただきありがとうございました。
もっとスローなスピードで事が進んでいくと
思っていたのでバタバタしています。
コマダムさんのおっしゃる通り、兄と私では母と暮らした年数が30年以上違うので、頭で分かっていても簡単には割り切れないのでしょうねぇ。。。
伝える事を諦めたような母の目を見るのがツラいです。お父様とはお話出来るときにたくさんお話してくださいね。
本人の事を思うと残り時間が少なくなっても痛みや苦しみは味わわせたくないですよね。
コギ、つかず離れず…いつも通りです(笑)
うずら
2019年07月16日 00:27
すずりん♪さん

そうですよね。長くても100年ちょっとの人生なんて宇宙の歴史からしたら一瞬にも満たないのかもしれないし、大多数の人は生きていた事さえ忘れ去られる。それでも頑張って生きるのは何故? それでも死を恐れるのは何故? その短い時間にある意味とは? 新たな疑問が湧いてきました(^^ゞ
答えが出ないのが哲学とも聞きました。きっと死ぬまで悩むのでしょうね。。。
こうしてブログで励ましてもらえるのはとても力になります。それに見捨てたりしないと言ってもらえたので元気が出ました!(*^^)v
ツラい別れを経験したすずりん♪さんには申し訳ないですが、別れを覚悟する時間があるのは幸せなことですよね。その時間をできるだけ有効に使おうと思います。
うずら
2019年07月16日 00:27
アモママさん

ここ数年専業主婦でぐうたらしていたので、通い始めて2週間たったころは2日間熱を出しました。今はこの生活に慣れたみたいです(^^)
生前のお父様を見守るアモママさんのお気持ち、今手に取るように分かります。これが本当に本人の望むことなのか?私たちの自己満足じゃないのか?って…
説明のつかないことには直面すると神仏について考えてしまいますよね。ちょっと安心しました(^^ゞ
実際に役に立たなかったし気持ちも伝わったかどうか分かりませんが、何もしないでいるよりは良かったかなと思っています。
うずら
2019年07月16日 00:28
yasuhikoさん

古代から私など比べ物にならないほど賢い哲学者たちが考えても答えが出ない問題を考えても仕方が無いのですが、母の最期が近づいてくるのを見ているとイヤでも考えてしまいます。そして自分は…と(^^ゞ
病院の行き帰り、今は自分の健康のための運動だと思うようにして乗り切ろうかと思ってます(笑)
うずら
2019年07月16日 00:32
カメさんさん

ご心配くださりありがとうございました。
母の病状の変化が非常に早くてバタバタしています。90を過ぎているのにこの進行の速さ、かなり腫瘍が悪性だったようです。
>死が怖いと思うのは、まだ元気な証…
そうお聞きすると私の母は病状が進むのが早くて良かったと思えてきます。死の恐怖と闘う時間が短くて済みますから(^^)
うずら
2019年07月16日 00:34
nibari1498さん

90過ぎの母なのでもっとゆっくり別れの時が近づくのだと思っていました。担当医も予想外のかなりの悪性腫瘍のようです。
毎日一緒にいた兄の思いを優先して今後のケアを決めました。
でもこんなことになるなら元気なうちに母の意思を聞いておけば良かったと思います。子供からは聞きづらいので終活ノートに書いておくのは良い方法ですね。
うずら
2019年07月16日 00:35
おいちゃんさん

コメントありがとうございます<(_ _)>
おいちゃんさんのお父様とうちの母、なんだか共通点が多いですね。
母も先月91歳になりました。入院は脳梗塞の再発を疑ったからです。検査の結果腸間膜に出来た悪性腫瘍が脳にも転移したことで脳梗塞のような症状が出ていたのですが。。。
年寄だから進行はゆっくりと思っていましたが違う場合もあるようです。おいちゃんさんも毎日の病院通いは大変ですが反応のあるうちにいっぱいお話してあげてください。
同じような親をもち同じような立場にいらっしゃる方とお知り合いになれてとても心強いです。これからもよろしくお願いします。
うずら
2019年07月16日 17:39
└|∵|┐高忠┌|∵|┘さん

会ったことも
話したこともない
私の母親の身を案じてくれる人が
画面の向こうにいる。。。
これはとても心強く励みになります。

哲学と宗教の違い、納得です。
どちらも同じような問いを人類の歴史と同じくらい
長い年月考え続けながら
奇跡を認めるか否かで全く違うとは
理性と感情という二面性を持った人間なら
ではの違いだということでしょうね。
でもどちらにも愛があるかどうか?
誰に対する愛?と思う事もあり
私には分かりません。。。

私に兄が母に抱くような愛があるのか
どうかも分からない今日この頃ですが
自分なりに出来る事を無理せずやろうと思います。
うずら
2019年07月16日 17:41
南天さん

母とはたくさんの確執もあったので
週三回と言っても自分の中では義務感で
動いているような、少なくとも
兄のように母が大好きだから通っている
のとも違うような気がしています。
うちの母に余命宣告はしていないので、
自分で話す音が出来たらずっと不安を
訴えているだろうし、そうなれば鎮静剤
で眠らされることが多くなったと思います。
結果残りの日々が伸びているような…
それが本人に良い事だったのか?本人にも
分からない事かもしれません。
周りの人は自分の出来る事を精一杯やるしか
ないですね。

うずら
2019年07月16日 17:41
らん太郎。さん

覚悟はしていても
点滴が入らないくらい弱った母を見るのは
忍びないですね。。。

いつも気にかけてくれてるって思うと力が湧いてきます!
うずら
2019年07月16日 17:44
イエティ1号さん

通うのが大変で正直面倒に思う事もありますが
徐々にタイムリミットが迫ってきた今出来ることは
顔を見せることくらいなので。。。
ご両親を見送られて十数年経っても最後の
時に関して思うところはあるのですね。
どうするのが母にとって一番良いのかは
きっと誰にも、本人にも分からないことな
のかもしれません。だとすれば今出来るこ
とを精一杯やるしかないですね。
うずら
2019年07月16日 17:47
シナモンさん

息子と娘、同居か否か、色々な事が違って
今後の対応にも意見の違いがありました。
でも母に対する気持ちは兄の方が強いのは確かので
兄の満足のいくように任せました。
きっと母もそれで良いと言うだろうと思います。
一度は疲労で熱を出したので無理せず通うようにします。
うずら
2019年07月16日 17:48
ジュンさん

母が一番望まないこのような姿で最後の日々を
過ごす事になろうとは思っていなかったので、
可哀想に思えてなりません。
多くの子供が同じような思いをして見送っているんですよね。。。
2019年07月18日 17:41
兎に角、病院通いが大変ですね。お察し致します。
思いの外、お母様の病状、進行が速そうで手の打ち様が無いみたいですね。もう、天命を待つしかないかも知れませんが、うずらさんも、無理をなさらず、頑張ってください。
コギさんには、いつも癒されますね。
2019年07月20日 19:01
本当にお疲れさまでした。ゆっくり休まれて、またお戻りされることを期待しています。
2019年07月22日 01:37
りょーかい!

頑張りすぎないで。



待ってます!
2019年07月30日 15:13
藍上雄さん

お返事が10日以上遅くなり申し訳ありません。
医者が驚くほど速かった母も病状は早く進行し亡くなりましたが
長生きすればしただけ出てくる痛みが大きくなったはずなので
これで良かったと思います。
しばらく病院に通うことも実家に行くこともないので
コギと一緒に静かに過ごせています(#^.^#)
2019年07月30日 15:16
nibari1498さん

お気遣いありがとうございます。
やっと戻ってきました(#^^#)
あっという間の出来事でバタバタでしたが
初七日まで終えたのでしばらくのんびりできそうです。
2019年07月30日 15:17
らん太郎。さん

戻ってきました~
色々あって精神的に疲れたけど無事に送る事が出来て良かったです。
今はコギとのんびりしてます。